森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【だから私は推しました】見逃し6話のあらすじと感想

f:id:aeron501:20190727215705p:plain
画像はNHK公式サイトより引用出典

【だから私は推しました】見逃し6話のあらすじと感想

「だから私は推しました」はU-NEXTで見逃し配信予定です。
『U-NEXT』お試しはコチラから
本ページの情報は2019年8月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
最新話の配信は翌日となります。

『だから私は推しました』見逃し6話のあらすじ

入院中の瓜田(笠原秀幸)の意識が戻ったという。
その話を聞いた愛(桜井ユキ)は動揺する。
そして、取調は続く。

愛が聖護院(澤部佑)に話したのは2ヶ月前の出来事。
愛は愛の黒い噂を目にするようになるが「有名税」みたいなものだと諦めていた。

そして、話はサニサイがCMをしていた卵の話
更に愛がサニサイのグッズを買ったりその卵を買ったりしていたのにチャットレディのバイトをしていたという話に。
そして、終盤驚いたのは友達にチャットレディをしていることがバレてしまったこと。
そんなことをしながら愛はサニサイのライブに足を運んでいた。


愛はそのチャットレディのことがバレてしまった友達に説教をされてしまう。
友人はアイドルから見れば「あなたは金づる」だと言われてしまう。
さらにチャットレディを辞めろと言い、辞めなければ就業違反の副業だということで会社に申告すると脅した。
更に翌日、友達はハナには裏の顔があると言う。
友人に教えられたネットの記事によるとハナは高校時代にSNSを駆使したイジメを行っていたという。
にわかには信じられない愛(桜井ユキ)だが、やはり気になる。

そんなハナのことを考えると自分が確かに「金づる」になっているのではないかと気持ちが落ちていった。

ある日、ライブ会場に一人の年輩の女性
女性は愛よりも年上。
ハナから見れば母親くらいの年齢か。
その女性はハナに近づき、娘はあなたのせいでまだ引きこもっていると言った。
もっと有名になったらあなたが何をしたが世間に暴露すると脅した。
その様子を隣で見ていた愛は複雑な気持ちに....

愛は思わずハナに「イジメを本当にしていたの?」と聞く。
そんな話をしくこく聞く愛にハナは「どうでもいい」と大きな声を出す。
それでも冷静に愛は話をする。
色々なことが重なり愛はハナのことが信頼できなくなった。
それでもハナは「もう嘘つきませんから」と手を差し出したが愛は小さな声で「ゴメン、ムリ」とその場を立ち去った。
ライブ会場を後にした愛の後をつけてきた小豆沢(細田善彦)に慰められるが「私、金づるだから」と涙目で言い帰って行った。
家に帰ると部屋のポスターやグッズをゴミ袋に詰めた。


そして、愛は前の生活に戻った。
婚活女子の生活
しかし、その生活は少し物足りない日々だった。

『だから私は推しました』見逃し6話のネタバレ感想

いよいよ、「事件」の核心が近づいてきました。
愛とのトラブルが元でハナはステージに立てていない状況で、運営も「ハナを切る」と言っている模様
ハナの本当の姿はどんな姿なのか?
瓜田、愛、ハナの事件の関係は?

そろそろ物語も佳境に入っていきます....

新曲がYOUTUBEで公開されています。
www.youtube.com

『だから私は推しました』見逃し配信情報

「だから私は推しました」はNHKオンデマンド、U-NEXTなどで見逃し配信されています。
いずれも通常は有料での配信となります。

1話216円からとなります。
見放題パックなども用意されており「1話だけ見る」「全話見る」などといった利用方法が選べます。
また、「U-NEXT」はNHK以外の映画やドラマなども配信されています。
配信数は14万本を超え、トップクラスのラインナップです。

『だから私は推しました』見逃し配信お試し情報

「U-NEXT」では初めての利用に限り31日間の無料お試し期間が用意されています。
お試し期間でもポイントの付与があります。
そのポイントを利用して1〜2話程度ですが有料配信を実質無料にて視聴することが可能となります。
もし、このポイントを使用して視聴して、31日間のお試し期間中に解約すれば請求がくることはありません。
もちろん「U-NEXT」は配信数がダントツです。
ポイントを利用しなくても見放題作品だけでもかなり充実しています。
最初から「無料」を目的に契約するのはあまりオススメできませんが、一度お試ししてみるときっとハマると思います。

>>>「U-NEXT」お試しはコチラから
本ページの情報は2019年8月時点のものです。最新の配信状況は配信元にてご確認ください。

『だから私は推しました』関連記事情報

www.mori-drama.xyz