森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【ノーサイドゲーム】見逃し動画配信と最終回のネタバレ感想

f:id:aeron501:20190707234808p:plain
画像はTBS公式サイトより引用出典させていただきました。

【ノーサイドゲーム】見逃し動画配信と最終回のネタバレ感想

TBSの人気ドラマ「ノーサイド・ゲーム」
はやくも最終回となります。
最終回の放送は9月15日20分の拡大放送となります。

そんな『ノーサイド・ゲーム』について「見逃してしまった」と言う方や「もう一度最初から見直したい」という方のために見逃し動画の配信情報をまとめていきます。
9月15日の最終回のあらすじと感想をまとめていきます。

「ノーサイド・ゲーム」はParaviで見逃し配信中です。
▶『Paravi』30日間無料お試しはコチラから◀
本ページの情報は2019年9月時点のものです。
最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。

『ノーサイド・ゲーム』見逃し動画配信情報

TBSドラマ『ノーサイド・ゲーム』
放送は毎週日曜日の9時からの放送です。
放送はTBS系列です。

見逃し動画配信はTBSなど6社が出資する動画配信サービス「Paravi」となります。
TBS系列の他にテレビ東京系、WOWOWなどの番組がラインナップされています。
特にTBS系列の番組に関してはドラマだけでなくバラエティ番組なども豊富に配信されています。

今期ドラマでは石原さとみさん主演「Heaven?」、黒木華さん主演「凪のお暇」、大原櫻子さん主演「びしょ濡れ探偵水野羽衣」など。

「Paravi」は多くの作品が「見放題としてラインナップ」されています。
(最新のものなど一部追加料金のかかる作品もあります)

初めての利用に限り30日の無料お試しができます。
この「ノーサイド・ゲーム」も見放題作品ですのでお試し期間で全話視聴することが可能です。

「ノーサイド・ゲーム」はParaviで見逃し配信中です。
▶『Paravi』30日間無料お試しはコチラから◀
本ページの情報は2019年9月時点のものです。
最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。

『ノーサイド・ゲーム』最終回のあらすじ

浜畑(廣瀬俊朗)は膝を故障し、最終戦への出場が危ぶまれる。
七尾(眞栄田郷敦)が代わりに出場することも予想されるがメンタル面での心配があり監督の柴門(大谷亮平)もこのままでは出せないと言う。

そんな中、練習中のアストロズのグランドに見慣れない男がいる。
君嶋(大泉洋)の姿を見ると駆け寄り、ライバルラグビーチーム「ブルズ」のGMに就任した赤木(櫻井翔)という男
赤木は新たにGMに就任し、他のチームの視察をさせてもらっていたがどこに言ってもアストロズの改革を見習うべきだと言われたと君嶋に相談した。
そして、ふたりはこれからのラグビー界を変えていこうと約束をした。


君嶋、ラグビー協会(日本蹴球協会)を訪れる。
プラチナリーグの改革案を提案するが専務理事の木戸(尾藤イサオ)はやはり「改革案必要ない」との一点張り。
もちろん木戸自身も改革は必要だと考えている。
しかし、会長の富永(橋幸夫)には逆らえない....
君嶋は新たな提案を再度木戸に提出する。
そこには多くの賛同者の名が記されている。
そして、この改革が成されなければアストロズは事実上の廃部になると危機感を訴えた。


君嶋の本当の敵、常務の脇坂(石川禅)は次の取締役会でラグビー部の廃部を提案するという。
これまで君嶋の味方だと思っていたが脇坂は自分が専務になるや、君嶋とラグビー部を切り捨てにかかっている。

脇坂のことを調べる君嶋
そこで脇坂と風間(中村芝翫)が高校時代の同級生だと知る。
そのことで何か裏で隠していることがあるのではないかと今度は滝川(上川隆也)に相談した。


そして取締役会
本社に向かう君嶋
そして、始まった取締役会で脇坂は予算を14億円から7億円に減らすようにという提案をした。
君嶋はその提案に反論。
2年前までの低迷から昨年は優勝争いをするに至った経緯を説明した。
しかし、脇坂は蹴球協会が変わらない限りラグビーの存続意義はないとして、決議を求めた。

ちょうどそのとき、君嶋の携帯に連絡が入る。
蹴球協会も同じく理事会が開かれていた。
そこで専務の木戸が富永会長の解任を提案したのだ。
木戸もこの国のラグビーを救いたいと切に願った結果だ。
そして、満場一致で富永の解任が採択された。

その報を君嶋は取締役会で報告する。
そして、これからの改革を期待し、ラグビー部の存続を認めると社長が宣言した。


さらに取締役会では脇坂のコンプライアンス問題が議題に。
議題の提案をしたのは君嶋
以前、採択されなかった風間商事の買収問題。
その件では滝川が更迭されたが、実はその裏で脇坂が裏で糸を引いていたのだ。
そして高校の同級生である風間さえもだまし、自らの出世の捨て駒にしたのだ。
取締役会に承認として、風間が招へいされた。
風間は全ての隠ぺい工作は脇坂の指示で行ったと断言した。
そして脇坂は失脚することとなった。


そしてラグビー部の最終戦
君嶋は「約束を果たそう」と試合に臨む。

試合開始
やはりサイクロンズの強さは圧倒的
アストロズはプレーを全て研究され、前半で20点も差をつけられてしまう。

後半、膝を痛めていた浜畑が投入される。
浜畑はこの試合で現役を引退するつもりだということを君嶋にだけに告げた。
そして、浜畑を投入したアストロズはそのまま七尾も残し、多彩な攻撃でサイクロンズを追い上げた。
ラスト1プレー、点差は4点、1トライで逆転という場面
最後の最後に浜畑が自分の膝を犠牲にして、七尾にボールを託す。
そして、七尾がトライを決める。
逆転、と同時に試合終了、ノーサイド アストロズが優勝を決めた。

遺恨のあった柴門と津田(渡辺裕之)も試合後、握手で和解した。


そして、君嶋は本社の経営戦略室に復帰した。
アストロズのGMは引退した浜畑が引き継いだ。

「ノーサイド・ゲーム」はParaviで見逃し配信中です。
▶『Paravi』30日間無料お試しはコチラから◀
本ページの情報は2019年9月時点のものです。
最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。

ここまでが「ノーサイド・ゲーム」最終回のあらすじです。
感想は引き続き更新していきます。