森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【グランメゾン東京】見逃し3話のネタバレ感想とあらすじ・無料視聴情報

f:id:aeron501:20191020050300p:plain
画像はTBS公式サイトより引用出典

【グランメゾン東京】見逃し3話のネタバレ感想とあらすじ・無料視聴情報

「グランメゾン東京」見逃し配信は「Paraviパラビ」独占配信となります。
→→Paraviパラビの30日間無料体験はコチラから
配信は放送終了後となります。
本記事の配信情報は2019年11月時点ものです。最新の配信情報は「Paraviパラビ」サイトにてご確認下さい。

『グランメゾン東京』見逃し3話のあらすじ

尾花夏樹(木村拓哉)は3年前に料理人として「日本の恥」とまで言われた。
しかし、今新たな仲間と共にミシュランの星を取ると誓った。

尾花と倫子(鈴木京香)の店「グランメゾン東京」
念願の融資も得たがオープンまで日がない。
柱になる料理がないと尾花は焦る。

そんな中、雑誌の企画コンテストへの参加の誘い。
誘ったのは雑誌「マリ・クレールダイニング」の久住栞奈(中村アン)
そして裏には編集長のリンダ(冨永愛)の影もあった。
企画はジビエ料理、今回は鹿肉がテーマだ。
リンダは東京で「丹後(尾花菊之助)と尾花(木村拓哉)の真剣勝負が見られるなんて」と楽しみな様子だ。

尾花はこの勝負よりも店のオープンのメニューが決まらないことに苛立ちを隠せない。
そして、尾花たちは材料の調達に苦しむ。
テーマとなる鹿肉は良質なものは卸業者に手が回っていて「グランメゾン東京」には売ってもらえない。
ライバルの丹後の店「GAKU」のオーナー江藤(手塚とおる)があちこちに手を回している。
そんな中、尾花(木村拓哉)は冷凍の材料で戦うことを決める。

それにしてもメニュー決めが難航する。
倫子は店のオープンまでの期間限定で相沢(及川光博)に助っ人を頼む。
しかし、尾花と同じ厨房に入ることに相沢は難色を示す。

京野(沢村一樹)も尾花には相沢のレシピが必要だと言う。
その言葉を尾花は否定しなかった。
そして、相沢は2ヶ月限定でレシピ作りに参加することに。

そして相沢が知る最高のジビエ料理の名人峰岸(石丸幹二)を訪ねることに。
しかし、峰岸は職人気質の料理人で鹿肉を卸して欲しいという倫子を一蹴した。
それでも尾花(木村拓哉)が「本当に世界一?」と言うとカチンときて「店に入れ」とその料理を食わせると言った。


ふたりはその自慢と料理を食べると気を失うほどの味だった。
その料理について倫子と尾花は秘訣を聞くが峰岸は「自分の肉は譲れない」と頑固に断った。
それでも尾花は「自分の方が美味しいジビエ料理を作ったら肉を譲ってくれますか?」と挑発する。
結局、峰岸(石丸幹二)の機嫌を損ねただけの無駄足となってしまった。


それでも京野(沢村一樹)が奔走し、フレッシュ(生)の鹿肉を手に入れる。
しかし、手に入れられたのは「もも肉」
丹後(尾上菊之助)たちが使うであろうロースとは素材のレベルが違う....
それでも尾花は一カ所良い部分があるとレシピ作りを考えた。
連日の作業に倫子(鈴木京香)は落ち込んだ気分になった。
倫子はこの2週間、尾花と相沢の姿を見て、これまで自分が星を目指していたが「単純に努力が足りなかった」と反省した。

それでもそんな倫子に京野は「オーナーシェフとして自分を信じて」とアドバイスをした。
その言葉に倫子は自信を取り戻す。
そして、尾花や相沢に料理の提案をした。

倫子が提案したメニューだったが、すでに相沢が自宅で試していた。
あまり好ましくないという結論だったが、尾花はその言葉をヒントに新たな試みを提案した。

そして、尾花と倫子は再び峰岸(石丸幹二)の元を訪ねた。
そして、峰岸が鹿肉をさばく時に廃棄していた鹿の生き血を譲ってもらい料理に使うこととなった。


そして、コンテストの日
尾花(木村拓哉)は会場に姿を現さなかった。
倫子は不安になるがそれでもこの状況に自分が調理をすることに決めた。
そのころ尾花は峰岸の元を訪ねていた。
尾花はコンテストよりも「こっちの方が大切」と峰岸に自分たちの料理の味を見てくれと料理を持ち込んでいた。

コンテストが始まる。
倫子は京野に言われた「自分を信じないシェフは星を取れない」という言葉を思い出していた。


尾花の峰岸のもとで料理を作っていた。


倫子は尾花に言われたことを思いだし、自分を信じて料理を作った。
尾花も峰岸の元で同じ料理を作った。


コンテストで「グランメゾン東京」の料理は絶賛された。
同じ頃、峰岸もその料理を絶賛した。
それでも倫子たちは優勝を逃す....
優勝は丹後(尾花菊之助)の「GAKU」だった。


落胆する倫子だったがこの結果に京野も相沢も仕方ないと声をかけた。
丹後(尾上菊之助)はコンテスト終了後にライターの栞奈(中村アン)に「都内の鹿肉の流通が少ない状況で最高級のものを手に入れたGAKU」と聞かされる。
更に審査委員会と江藤(手塚とおる)が一緒にいるのを見かける。

この結果は江藤が他の店の妨害をしたからなのか.....
丹後は江藤に詰め寄る。
江藤は悪びれもせず、星を目指すためだと言った。
そして、「星はシェフが取るんじゃない、店が取るんだ」と言った。
丹後はやり場のない怒りをドアにぶつけた。


そして、コンテストに敗れ、店で落ち込む倫子達
そこに尾花が峰岸を連れて帰る。

さらに今後、峰岸から食材を仕入れると告げる。
驚く面々
峰岸は尾花の料理に感動したと言い、鹿肉だけでなく山の山菜やきのこなども提供すると約束してくれた。

そして、ここまでの約束だった相沢(及川光博)が店を去ることに。
それでも倫子(鈴木京香)は店に残って欲しいと頼む。
しかし、相沢は静かに店を出て行った。
その日、幼稚園に娘アメリを迎えに行く相沢。
そこで毎日尾花(木村拓哉)がアメリのために「キャラ弁」を作ってくれていたことを知る。
尾花なりに相沢のことを応援してサポートしていたのだろう。
その気持ちを知り相沢は「グランメゾン東京」に加わることを決めた、もちろん定時で。

「グランメゾン東京」見逃し配信は「Paraviパラビ」独占配信となります。
→→Paraviパラビの30日間無料体験はコチラから
配信は放送終了後となります。
本記事の配信情報は2019年11月時点ものです。最新の配信情報は「Paraviパラビ」サイトにてご確認下さい。

『グランメゾン東京』見逃し3話のネタバレ感想

3話のラストでは雑誌の編集長役として冨永愛さんが登場しました。
木村拓哉さん演じる尾花のも「元恋人」ということらしい。
どんな「元恋人」になるのでしょうか。

陰ながらグランメゾン東京をサポートする平古(玉森裕太)
代議士の娘美優(朝倉あき)と婚約中
そんな美優が最近平古と仲のよりパティシエ萌絵(吉谷彩子)に恨みを抱いている模様....

んーこっちはこっちでなかなか危ない模様、ちょっと危ない雰囲気!

『グランメゾン』無料視聴情報

「グランメゾン東京」は放送終了後、1週間「民放公式テレビポータル TVer」にて配信されます。
視聴にはアンケートやCMがありますがインターネット環境があれば無料での視聴が可能となります。
詳しくは以下の記事からどうぞ

www.mori-drama.xyz