森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【俺のスカートどこいった?】最終回10話 見逃し配信情報とネタバレ感想

【俺のスカートどこいった?】最終回10話 見逃し配信情報とネタバレ感想

古田新太さん主演の『俺のスカート、どこ行った?』
6月22日(土)放送が最終回となります。
当初のイメージを覆し、個人的には今期おもしろかったドラマのひとつとなりました。 そんな『俺のスカート、どこ行った?』の最終回10話の見逃し配信情報やネタバレ感想を綴っていきます。

「俺のスカート、どこ行った?」見逃し配信はHuluがオススメです
▶▶▶「Huluお試し」はコチラから。
上記の配信情報は2019年6月22日時点のものです。最新の配信情報は「Hulu」サイトにてご確認ください。

『俺のスカート、どこ行った?』最終回10話のあらすじ

原田(古田新太)が「他にやりたいことがあるから」と言って、豪林館学園高校を辞めた。その後、古賀(荒川良々)や田中(桐山漣)をはじめ男性教師たちが女装して授業をするように。それは、原田と交わした約束だった。
原田の不在に寂しさを感じる2年3組の生徒たち。彼らは、原田がやりたいことは何だったのか、今頃何をしているのかと話し合う。明智(永瀬廉)は、原田がやりたいと言っていた卒業式をやろうと提案。他の生徒たちも明智のアイデアに賛成し、2年3組だけの早めの“卒業式”をやることに。若林(長尾謙杜)らみんなが盛り上がる中、東条(道枝駿佑)は複雑な思いを抱えていた。
東条が屋上で昼食を食べていると、明智と若林がやってくる。明智は、東条の様子が気になっていた。東条は、原田に対する複雑な感情を打ち明ける。東条は、原田が学校を辞めた本当の理由は体の具合が悪いからではないかと思っていた。原田に卒業式のことを伝えるため、東条は長井(松下奈緒)に原田の家を教えてほしいと頼む。長井は、東条を連れて病院へ向かう。東条が心配した通り、原田は入院していた。
東条から「卒業式に来てほしい」と言われ、「行ってあげる」と原田は「卒業式」に行くことに。そして、2年3組と原田のための“卒業式”当日を迎え……。

『俺のスカート、どこ行った?』最終回10話の視聴詳細ネタバレあらすじ

久しぶりに原田がやってくるその日。
生徒だけでなく教師たちも久しぶりに原田と会うのを楽しみにしていた。
学校にやってきた原田は保健室に。
保健室では萌(白石麻衣)が原田を待っていた。
萌は原田が辞めた学校が少し退屈だと告白した。


そして、教室では「卒業式」の準備が進む。
教室に現れた原田は1人ひとりに手作りの卒業証書を手渡した。

そして、最後まであっさりと原田は言葉をかけた。
帰り際に生徒達は原田に思いを告げる卒業証書を手渡した。
思いがけない卒業証書に原田は泣き出した。
そんな原田に今度は自分たちに「やりたいこと」をやりたいと言う。
それは屋上から原田に飛んで欲しいと言うことだ。
とりあえず拒否する原田だったが、明智に押し切られる。

それでも原田は「生徒達のために」跳んだ。

そして、原田は生徒達と別れた。
家に帰ると娘の糸(片山友希)がのぶおを見ていたら自分もやりたいことをやろうという気持ちになったと日本から出て旅に出ると言い出した。

そして、夜
やりたいことノートの「生徒たちに卒業証書を渡す」に印をつけるのを止めた。


そして、1年半。
生徒達は本当の卒業式を迎える。
いよいよ原田は本当の「卒業証書」を渡すために学校に向かう.....

『俺のスカート、どこ行った?』最終回10話ネタバレ感想

原田が学校を去ってから1年半たち生徒達の卒業式
本来ならもう宣告された余命は過ぎているハズ
それでも元気な姿で卒業式に向かう、元気をもらったのですね。
とても素敵な物語でした。

『俺のスカート、どこ行った?』見逃し配信・無料視聴情報

『俺のスカート、どこ行った?』は日テレ系列での放送となります。
放送終了後はHuluでの配信となります。

見逃し動画は「Hulu」もしくは放送が1週間はTVerでの配信となります。
TVerは放送後1週間に限り、最新話のみですが「無料」で視聴することが可能です。
TVerはコチラから→民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

また、「Hulu」は初めての利用に限り、2週間のお試し期間があります。
この場合はHuluの配信作品のすべてが見放題になります。
もし、サービスが気に入らない場合は2週間以内に解約を申し出れば一切の費用がかかりません。
ノーリスクで見放題が楽しめることになります。

「俺のスカート、どこ行った?」見逃し配信はHuluがオススメです
▶▶▶「Huluお試し」はコチラから。
上記の配信情報は2019年6月22日時点のものです。最新の配信情報は「Hulu」サイトにてご確認ください。