森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【ノーサイド・ゲーム】見逃し1話のあらすじとネタバレ感想「復讐と再起をかけた闘いが始まる!!」

f:id:aeron501:20190707234808p:plain
画像出典はTBS公式サイトより

【ノーサイド・ゲーム】見逃し1話のあらすじとネタバレ感想「復讐と再起をかけた闘いが始まる!!」

大泉洋さん主演のTBS新ドラマ「ノーサイド・ゲーム」
前クール福山雅治さん主演の「集団左遷」からの引き継ぎです。
物語は日曜9時らしい「左遷された男の再起の物語」です。
原作は池井戸潤さんの同名タイトルの書き下ろし小説となります。

そんな「ノーサイド・ゲーム」のあらすじや感想をまとめていきます。

『ノーサイド・ゲーム』見逃し1話のあらすじ

トキワ自動車というメーカーの「経営戦略室次長」として出世街道を突き進んでいた君嶋隼人(大泉洋)
あるとき、常務の滝川(上川隆也)の企業買収案に猛反対する。
結局、君嶋の意見がきっかけとなり、滝川の案は見送られた。
しかしその後、滝川の差し金か君嶋は府中工場の総務部長に異動となる。
完全なる「飛ばし」

府中工場に着任した君嶋は「総務部長がラグビー部のゼネラルマネージャーも兼ねる」という伝統を知る。
結局、総務部長兼ラグビー部のGMとなった君嶋だが、ラグビー部の年間経費14億、収益33万円という赤字状況に愕然とする。
君嶋から見たラグビー部は成績も低迷し、何も生み出さない、会社にとっては「お荷物」に見えた。
しかし、社長はそのラグビー部に 一家言持っている。
社長からラグビー部について聞かれた君嶋だがお世辞にも大丈夫とは言えなかった。

君嶋はラグビー部の廃部を進言しようとする。
しかし、自分の父がラグビー部のGMになったことで息子達もラグビーに興味を持ち始める。
君嶋の息子は学校で「イジメ」にあっている様子。
しかし、そのことを両親には頼らず自分で何とかしたいと思っていた。
そのことで父である君嶋に「ラグビーを教えて欲しい」と言った。
君嶋はそんな息子のこと、そして、ラグビー部を廃部にすれば本社に戻れると思っていたが実はその思いは遂げられないと知った。

君嶋はラグビー部の廃部を取締会に進言しようとした。
そのことで常務の計らいにより本社に戻れると思っていたが、常務はそんなことは考えてもいなかった。 気に入らない君嶋を本社に戻すつもりなどなく.....

そんな本当のことを知り、君嶋は自分はドン底の負け犬だと感じた。
そして、ラグビー部も同じだと....

息子のこと、自分のこと、全て照らし合わせ、そして「もう1年」ラグビーの様子を見たいと急遽取締会に意見書を提出した。
その内容は本気でリーグ優勝を目指すというもの。
もちろん、選手達もこれまで悔しい思いをしてきた。
そのことで君嶋の言葉に決心をした。

チームが1つになり、リーグ優勝を目指す。
そんな目標を打ち立てて君嶋は何とかラグビー部の1年延命を取り付けた。

『ノーサイド・ゲーム』見逃し1話の感想

あいかわらずの池井戸潤さんの感じで
良く言えば安心感のある物語で..
悪く言えば...

いちおうラストはまあ優勝しそうな感じですが、その過程には色々でてきそうですね。
ラグビー部の元GMは村田雄浩さんでした。
NHKの「不惑のスクラム」でもラグビー部でしたね。
キャプテンを務める高橋光臣さんも「不惑のスクラム」に出てましたね。

主題歌は米津玄師さんの「馬と鹿」です。

大泉洋さんが演じる君嶋の妻役として松たか子さん
松さんが演じる真希はライターとしてこの物語を近くから綴っていくスタイルです。

ある程度、結論の予想できている物語ですが、それでも楽しみに見てしまう感じ、嫌いじゃないです。
次週も楽しみにしてます。